千葉県茂原市 女性による女性のための整体・鍼灸

■花粉症について

花粉症に関する鍼灸治療

花粉症の初期は、鍼灸で対応できます。花粉症が始まる前から、治療を受けておくと症状を軽くすることはできます。しかし、鼻粘膜の炎症が亢進してしまってからでは、鼻水を抑えることは難しいと思います。

また、鍼灸だけでは、根本的に花粉症を治すことはできません。

花粉症を治すには?

実は、施術者である、私は、19歳(花粉症という言葉が世の中に出回っていなかった頃)~40代半ばまで、強力な花粉症でした。真夏を除き、ひどい水鼻と目のかゆみ、体のだるさに悩まされてきました。

そして、鍼灸だけでは、改善しませんでした。

私がとった対策は、

  1. 自分が花粉症だと思うのをやめる。テレビ予報や周囲の影響を受けない。「私は花粉症ではない」と否定形で思わず、「花粉症はすでに治っている」と強く思い込むことがコツです。
  2. 花粉を気にしない。避けない。マスクをしても、花粉を払っても、窓を閉め家に閉じこもっても気休めです。そんなことをしても花粉をどんどん吸っているのだから。花粉を避けに、外へ出て体をよく動かす(筋肉運動)、できれば汗を流すことをお勧めします。
  3. ぬるいお風呂に長く入る、室内でダラダラマッタリ過ごすことは副交感神経を亢進させ、花粉症の症状のもと。
  4. 鼻粘膜の炎症を抑える治療。(これは民間療法なので詳しく知りたい方はお尋ねください)
  5. 腸をきれいにする。絶対に便秘はせず、毎日スッキリ出し切る。整腸剤(ビオフェルミンなど)を飲む。(ヨーグルトだけでは腸まで菌は届きません)

特に、効果があったのは、1です。本当にそうなのです。心理的なことが、体にどれほど影響を与えているかを感じます。

 

自分が花粉症だと思い込み、花粉から身を守ることばかり考えていると花粉症は治りません。

花粉の細かい粒子が目や鼻につけば、かゆみやくしゃみは出るでしょうが、それは必ずしもアレルギーとは限りません。

 

かゆみやくしゃみが起ったからといって、周囲のみんなが花粉症だからといって、

自分も「花粉症」なのだ、と思い込むことはやめましょう。

 

また、アレルギーの検査で、スギ花粉のアレルゲンがみつかったとしても、発症するかは別問題であり、

花粉症になるとは限らないと思いましょう。

 

花粉症に反応できるのは、お体のセンサーが敏感な証拠です。体に異物があると、体の反応も大きくなります。特に免疫機能が働いているのは小腸です。お腹にうんちをためないこと!

  • 0475-44-6898
  • 女性専門・完全予約制
    女性専門・完全予約制
  • 営業日カレンダー
    « 2019年3月»
    242526272812
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31123456
    • 日・月・祝休み
    • 開始13:00~(応相談)
  • ご来院地域

    千葉県 茂原市 いすみ市 九十九里町 白子町 長南町 長生村 長柄町 大多喜町 勝浦市 一宮町 睦沢町 御宿町  大原町 市原市 君津市 鴨川市 夷隅郡 長生郡  山武郡 大網白里市  東金市 横芝光町

  • お気に入り
  • 心と体のコラム
Twitter