千葉県茂原市 女性による女性のための整体・鍼灸

肘痛(野球肘)

患者Sさん 33歳男性 (千葉県茂原市)上腕~肘の痛み(野球肘)

治療前の症状 経過

社会人野球でピッチャーをしている。
肘の痛み/去年末より、右上腕後面が、固まって突っ張ったまま、元に戻らない。
ピッチングのとき(肘を上げた時、ボールを放す瞬間)に
上腕~肘が痛む。

 

膝の痛み/しゃがんで、立ち上がるとき、膝外側が痛む。

肘を痛めたきっかけと思われるのは、「疲れて手を抜いて投げた時」、
だそうです。
痛いのは、上腕三頭筋あたりで、
筋肉痛なら、いままではすぐに取れたそうですが、
これは取れない、とおっしゃいます。

手を抜いて投げた時、どんなことが起ったのでしょうか。
多分、体幹が、あまり動かず、それでも、
肘を高くすることは無意識に行っていると思われますので、
腕主体で、投げてしまったという感じでしょうか。

そのときに、上腕~肘が、ストッパーのようになってしまい、
強い負荷がかかったのでしょう。
肩甲骨~上腕への動きの連動を良くし、
ふたたび、投げる動作をしていただきながら、
上腕と前腕のねじれを修正すると、
ガチガチだった上腕三頭筋は、ふわふわになりました。

「おー、こんなにゆるんだのは久しぶり!」とのことでした。

一方、膝の痛みですが、しゃがんで立つとき、
膝外側、(腓骨頭のあたり)に、痛みが出ます。

この方、普段は、右肩が下がり、胸郭が右にねじれ、
右足に負荷がかかった状態となっています。
そして、この痛みは、そのときに起きる、
大腿と下腿の、ちょっとしたねじれによるものと思われます。

 

(そして、そのねじれが起きた原因は、実は反対の左足にあったのではと思います。
過去に大腿部に手術をして、そのときにバランスが崩れた感じがあったとのこと。
それをかばうために、右に負荷がかかったのです。)

こちらの痛みは、1分もかからず改善。

 

2診目(5日後)
1診目の、次の日に、試合があったそうですが、全部投げることができたそうです。
しかし、その2日後から、上腕よりも、肘が少し痛む。

膝のほうは、あぐらをかいた時と、そこから立ち上がる時に、痛む。
太ももの裏側も張って痛い。

前回同様の調整。特に、上腕と前腕、大腿と下腿のねじれ調整。
全身のバランスを整えたので、体幹、股関節の動きも、
柔軟になりました。

肘を傷めることなく、体の重さを、ボールにしっかりと伝達する方法を、
お伝えし、
痛みはなくなったとのことでしたので、この2回でいったん治療は終了しました。

治療頻度 回数

5日間 計2回

 

  • 0475-44-6898
  • 診療情報
    saidoba-
  • 営業日カレンダー
    « 2017年4月»
    2627282930311
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30123456
    • 休日
    • 9時30分~15時30分
  • ご来院地域

    千葉県 茂原市 いすみ市 九十九里町 白子町 長南町 長生村 長柄町 大多喜町 勝浦市 一宮町 睦沢町 御宿町  大原町 市原市 君津市 鴨川市 夷隅郡 長生郡  山武郡 大網白里市  東金市 横芝光町

  • お気に入り
  • 心と体のコラム
Twitter