千葉県茂原市 女性による女性のための整体・鍼灸
心と体のコラム

やさしさってなんだろう?

 - カテゴリー " ワークショップ・フィジカルセッション " -

昨日、今日と、フィジカルの味わいワークショップでした。

 

土曜日は1時間のワークショップで、参加者の体調、ご希望等に合わせて、身体についてのご説明をしながらやっていきます。

日曜は、ランチタイムも含め、ゆったり4時間、おしゃべりしながら、身体を動かしながら。

 

日曜のテーマは、「やさしさ」としました。

参加のHさん、身体がカチカチになっているのはわかるけど、どこがどうなっているのかわからない・・・自分の身体がわからない・・・

そこからだんだんに、身体への意識がよみがえり、あたたかく、ゆるんでいきました。

 

ところで、やさしさって、どのようにとらえていますか?

「好みのタイプは?」「やさしい人」。なんていいますけれど、もしかしたら、その「やさしい人のやさしさ」は、人によって、その取り方は全くちがうことなのかもしれません。

 

たとえば、やさしいってことは「相手を喜ばせ、その相手の喜びを自分の喜びとして感じること」ということばをお聞きしましたが、私は、やさしさをそのようなこととして、考えたことがなかったので、とても、新鮮な驚きを感じました。それくらい、おのおの、違うのですね。

 

あなたが、「やさしくする」ということ、それはどんなことを意味するのでしょうか?

改めて考えたことはありますか?

 

さて、「フィジカルの味わい」としては、「やさしさ」はどんなものでしょうか?

 

その温度は?明度は?彩度は?ひろがりは?濃淡は?厚みは?形状は?リズムは?質量は?重さは?肌合いは?湿度は?スピードは?

 

私にとってのやさしいカレ、のやさしさは、人によって違うかもしれませんが、身体で感じるやさしさには共通のものがあるかもしれませんね・・・

 

また、他人にやさしく、と思っても、自分にやさしくするのを忘れていることがある。

 

身体が凝ったり、痛んだり、過度に疲れたりするのは、そういうときかもしれません。

 

「自分にやさしくする」ということは、美味しいものを食べたり、なにかご褒美をあげる、ケアするだけではなく、自分が、どのように身体を動かすのか、身体をどのように感じるのか、身体の取り扱いそのものを、改めて考え直す機会となるかもしれませんね。

 

9月のワークショップのご案内はこちら。

 

 

カテゴリー: ワークショップ・フィジカルセッション.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 0475-44-6898
  • 心と体のコラム
  • ブログカレンダー
    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り
Twitter