千葉県茂原市 女性による女性のための整体・鍼灸
ホーム > 心と体のコラム > フィジレボより > フィジカルな自己一致
心と体のコラム

フィジカルな自己一致

 - カテゴリー " フィジレボより " -

昔カウンセリング訓練に通っていた頃、何年もどうどうめぐりのカウンセリング実践を繰り返して、こんなことしていて何になるだろう、と、行く足取りが重くなったことが何度もありました。

 

それをしていて思ったことは、今、自分は下りていっている、ということでした。

 

それは、自分の欠点を克服したい、もっと素敵な自分になりたい、といった上昇志向というよりも、本来の自分の位置に立ち返っていく作業です。そして、やっとたどりついた自分の位置、あ!それが本当の自分だった・・・・・

 

自分はもっと上の、マシな人間だと思いたかった、取り繕っていたかった、でも、だいぶ惨めな自分がここに居る。自分以上でも自分以下でもない自分を、嫌悪感がありながらも、承認していく。そして、それを「自己一致」と呼ぶのかな?と思ったのでした。

 

たとえ、どんなに外見や状態が良いと他人からは認められていても、本人がそれを認めていなければ、なにか虚しさを感じてしまうことでしょう。

 

そして、今、この仕事をしていて、「フィジカルな自己一致」も、生きていく上で必要だな、と感じます。たとえば・・・・・・

 

自分で思っている自分の外観と、現実の外観。

 

頭の中で思い描いている動きを、現実にはしているのかどうか?たとえば、歩く動作。自分の認識しているのと同じ動きだろうか?

 

ちゃんと心が自分の身体とともにあるか?心ここにあらずになっていないか?今お茶を飲んでいるとして、自分はお茶の香りや味わい、喉ごしを確かに感じているのかどうか?

 

どこかが凝っていたり、痛んだりしている。それはどんな感じのコリや痛みだろうか?本当にそこが凝っていたり、痛んだりしているのだろうか?痛みの恐怖をただアタマが先取りしていたり、過去の痛みを反芻してはいないだろうか?

 

今、手がどこにあり、足がどこにあり、どう動いているのか、ちゃんとわかっているだろうか?

 

肉体を持ったこの自分が、ここにこうして居る、という感覚が確かにあるだろうか?

心がどこかをさまよっていないだろうか?

 

現代は、心の時代。スピリチュアルなこととか、心理的なことの方が、なんとなく高尚なことで、肉体的なことは、かえって軽んじられてはいないかな?なんて思ったりします。

 

今現在のありのままの自分の状態に意識を向けるマインドフルネスというのが注目をあびていると最近知ったけれど、それはまさにフィジカルを味わうことに通じるのではないかと思いました。

 

エクササイズする、トレーニングする、ストレッチする、身体を動かしたり運動はしていても、そうしている自分の身体感覚を、確かに感じているかどうか?それをがんばっている、ということだけで満足し、本当にありのままの今の自分の状態を味わっているかどうか?

 

いまのフィジカルを、いま味わっている、それを、今は、フィジカルな自己一致と呼びたく、自分がこの世で自分として生きる大切な第一歩だと考えたいと思っているところです。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: フィジレボより.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 0475-44-6898
  • 心と体のコラム
  • ブログカレンダー
    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り
Twitter