千葉県茂原市 整体&鍼灸&アドバイス/フィジカルを変革したい女性のために

茂原市、整体と鍼灸|【フィジレボ】千葉県

9年間親しんでいただいた「チカ治療室」から、

「治療」に留まらず、

さらに、本来の、自然で美しい状態を取り戻すお手伝いをさせていただきたいと、

2016年より「フィジレボ(physirev.)」に、名称変更いたしました。

姿勢のビフォー姿勢アフター 猫背ビフォー猫背アフター

姿勢ビフォー姿勢アフター 姿勢ビフォー姿勢アフター

姿勢ビフォー姿勢アフター 股関節股関節アフター

姿勢ビフォー姿勢アフター 姿勢ビフォー姿勢アフター

姿勢ビフォー姿勢アフター

 

 

 

日々のフィジレボの様子は、ブログフェイスブックでご覧下さい。

人任せにしない。すこやかな体づくりのお手伝い。3つのステップで対応します。

 

①いま、お身体で何が気になっていますか?

どうなりたいですか?

あなたのご希望をおうかがいします。

 

たとえば、

痛みや不調を楽にしたい。

過去の痛みや不調が、気になる、再発を予防したい。

スポーツ、お仕事、日常生活で、より機能的で、快適な動きができるようになりたい。

姿勢やスタイルがキレイになりたい。など。

 

まず、ご自分ではケアできない領域(たとえば手や足の骨の位置の微調整、筋肉、脂肪の移動、肋骨、脚部を適正な動きやすい状態にするなど)に関して、整体や鍼灸を通じ、痛みや不調を改善していきます。

 

②いま、お身体がどのようになっており、どうしたらよいかのご指摘、ある程度、お身体が楽になったら、ご自分でできる運動法、ストレッチなど、ご一緒にやりながら説明します。

 

③●不調を繰り返しにくく、すこやかでキレイを保つフィジカルの微調整(メンテナンス)

 

●フィジカルの内側の感覚を認知していただきながらの、ご自身での調整

……インナーセンスレッスン(毎週土曜開催 要予約)

 

 ちょっと、気になってきたあなたに。

スタイルや姿勢が気になる、とき。

痛みや不具合で、つらいとき。

 

そんなとき、

「治してもらいにいく」?

「ケアしてもらいにいく」?

「ほぐしてもらいにいく」?

それとも、自己流でなんとかする?

どうしたらいいか、わからない?

 

でも、それ以前に、

自分のフィジカルって、どんな感じ?どんな状態?

 

それが、どうなったら、いいのでしょうか?

 

自分自身のことなのに、自分自身が、

わかっていなかったりしませんか?

 

わからないから、「してもらう」ことに頼ってしまう……

わからないから、また同じ不調をくりかえす…

わからないから、「年のせい」「こんなものだ」と、投げ出してしまう。

 

自分のカラダに、自分で責任を持ち、

あきらめなければ、

いくつになっても、すこやかなキレイさを、

目指せるに違いありません。

 

そして、できれば、「早いうち」、「軽いうち」、

「ちょっと気になったとき」に、

そのスタートを切ってください。

あなたの、「その気」を応援します。

 

特に、40代後半から、50代、60代の女性は、お身体の過渡期。

いくつになっても遅いということはありませんが、

将来を考えて、お身体を見直す大切な時期だと思いますよ。

 

 

こんな方に

 

●肩、肘、手、指、ヒザ、足首、かかとなど、

カラダのパーツの痛みや不具合が気になる。

 

●カラダのスタイルや、姿勢が気になる。

 

●病院にいくほどではないが、ふとした動作の不具合や痛みが気になる。

 

●同じような痛みやコリを繰り返しているのが気になる。

 

●自分のフィジカルを知り、改善したいが、どうしたらいいかわからない。

 

●より、キレイで快適な状態を保ちたい、不調を予防したい。

 

病院へ行っても、よくならない不調

病院へ行ってもよくならない不調、だからといって、重い病、というわけではないものがあると思います。

 

首や、肩、腰が痛い、しびれる、また、捻挫した、指が痛い、手首が痛い、といった症状。

 

湿布や痛み止め、ビタミン剤を出されるだけ、あるいは、年だから、疲れだからしょうがない、といった言葉で片付けられてしまう症状。

 

レントゲンをとっても、その原因は、あまり現れることがありません。

 

あるいは、画像診断で、椎間板ヘルニアです、変形性○○です、○○神経痛です、と診断されたものでも、それが原因で痛みやしびれが起きているとは限りません。

 

ずれているとはわからない程度の微細な骨のズレ、その近辺の筋肉が固くなっている、コリによる血流不足などが原因での場合があるのです。フィジレボの得意分野です。

 

緊急性のあるものは別ですが、薬やメスを使う前に、まず、整体や鍼灸、ご自分でできるケアをお試しになるのが、お身体にも優しい方法ではないでしょうか。

 

痛み止めでしのぐより、早めの対処が、器質的変形を防ぐことにも、つながるのです。

 

フィジレボの思い

年数を数えてみたら、「チカ治療室」として、勝浦市にて運営を始めてから、

9年たっていました。

 

自分の名前を名称にしたら、みなさまが、チカ先生と呼んでくださり、

(先生と言われるのは、本当は嫌なのですが)、

名前を覚えていただけるのが、とてもうれしいものでした。
でも、やっていくうちに、「治療室」という名称が、どうも合わなくなってきたのです。

そこで、この9月、フィジレボ(Physirev.)へと名称変更をしました。

 

治療室というと、「診療所」みたい、

なんとなく、患者(patient)さんが、

痛いんです!煮るなり焼くなり何とかしてください、とやってきて、

身を任せ、まな板のコイとなるような感じではないだろうか、と、

だんだん思い始めたのです。
でも、いま、ここでやっているのは、そういうことではありません。
いらっしゃる方と一緒に体を動かすこともありますし、

施術よりも、説明に、時間をさくこともあります。
わざわざ私が施術しなくても・・・と思うときには、

ご自身でやってもらうこともあります。

 

ある方に、

「ここが、最後のトリデと思って来ました」と、言われたとき、
(それは・・・ちがう・・・)と思ったんです。
最後のトリデではなく、

最初の入口なんです。
先日、アメリカ在住で、一時帰国していらした方が、

おっしゃっていました。
アメリカでは、保険がきかないので、医療費が非常に高額。

日本では、かるい鼻カゼ程度でも、医者に行きますが、

アメリカではそんなことはしない。
その方は、高額な医療にかからないですむように、

鍼灸などの、代替医療にかかり、

こまめにメンテナンスしているのだと。
これまでいらした方の中には、

すでに手術を受けられた方もおいでです。
でも、「最初の入口」で、初期の症状をうまく調整できていれば、

手術せずに済んだかも・・・と思ったことが何度もありました。

 

本来なら、

手術や、機材のいる高度医療、体に負担のかかる薬物療法のほうが、

最後のトリデなのではないでしょうか?(もちろん緊急時は別ですよ)

 

鍼灸や整体など、体に負担のない方法を試みた後で、

それではどうにもならなくなったときに選択するもの、と、

私は思っています。

 

また、いらっしゃる方々を、

患者さん(Patient)と、お呼びすることにも、

違和感が増してきていました。
患者さんというと、病に罹患した人。

そして、ペイシェントという言葉は、痛みにに耐え抜く人。

そして、私のイメージの中では、まな板のコイ。
病院の待合室で、名前を呼ばれるのを待っているとき、

積極的で希望に満ちた気持ちになれるでしょうか。

私は、なれないんですよね・・・
これからいらっしゃる方々のことは、

患者さん(Patient)と呼ばず、

クライアントさん、と呼びたいと思います。

 

クライアント、というとき、「まな板のコイ」から、

なにか能動的なものが生まれる気がします。

 

そして、ただ、

治療をうける、とか、痛みが取れればよい、というだけでなく、

 

その先の、より積極的な、目的やゴールが見えてくる気がするのです。

 

フィジレボが目指すのは、大げさかもしれませんが、

フィジカルのレボリューションです。
それは、スーパーモデルや、一流アスリートみたいな体に、

ヘンシン!ということではありません。
revolutionは、革命という意味ですが、

revolveは、後ろへの回転、
つまり、ぐるっとまわって、

本来あるべき、
健康的な美しさ、若々しさ、

機能的な動き、それが生む快適さ、楽しさ・・・
それを取り戻すことに、ご一緒できたらと、願っているのです。(2016年9月記)

 

 

  • 0475-44-6898
  • 診療情報
    saidoba-
  • 営業日カレンダー
    « 2016年12月»
    27282930123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    • 休日
    • 13時~18時
    • 9時30分~14時30分
  • ご来院地域

    千葉県 茂原市 いすみ市 九十九里町 白子町 長南町 長生村 長柄町 大多喜町 勝浦市 一宮町 睦沢町 御宿町  大原町 市原市 君津市 鴨川市 夷隅郡 長生郡  山武郡 大網白里市  東金市 横芝光町

  • お気に入り
  • 心と体のコラム
Twitter